秋が来た証拠品です。

杉野を縦貫して通る国道303号線沿いに栗の木が沢山あります。

国道沿いの栗の木から猿が採り損ねて落としてしまったものを拾ってきました。

この栗を見ながら地元の人達と「猿はこのトゲを避けてどのように剥くのか不思議だ」と話してきました。

この写真は明くる日に見た時にはこのように自然にパックリ割れていました。

猿も割れるまで待てばいいのだろうと思いますが!